大人ニキビの性質

大人ニキビの性質

再発する

 

お肌の様子を整えないと、また毛穴がつまり、ニキビが再発するという負の連鎖にみまわれてしまうのです。
その理由は、つまった毛穴の奥に炎症をもたらしているアクネ桿菌という菌が留まっていおり再発し易くしています。
さらには、あごの反対に現れたケースだと、衣服のこすれなどで炎症が顕著になり、一度できると治りづらいワケです。

 

跡に空きやすい

 

大人ニキビは思春期ニキビとは異なり、ニキビ跡という形で残り易いという側面を持っています。
その理由は、皮膚の新陳代謝が間に合わなくなってしまっているからです。
ですから、大人ニキビのケアは、ニキビを治癒するだけではなく、繰り返さないように、皮膚代謝を上げニキビ跡を溜めこまないようにして下さい。

 

実際、20代〜30代の男の人でニキビで頭を悩ませている人は、トータルの約50%もいらっしゃいます。
また、20代〜30代のニキビケアを怠ってしまったおかげで、40代〜50代以上では、ニキビが色素沈着し「シミ」に見舞われるケースで悩まされてしまいます。
20〜30代のうちに正しいニキビケアを実践しておくようにしたいものです。女性だって当て嵌まります。

 

 

名古屋市にあるおすすめの背中ニキビエステはココ!!